交通事故

交通事故

 

交通事故にあってしまった────。

突然のことで戸惑われているのではないでしょうか。そんな中で次から次へと対応しなければならないことが出てきて,疲れ切ってしまいますね。保険会社の話に納得できない。なにをどれくらい請求すればいいのかわからない。そんなこともあるのではないでしょうか。

 

●交通事故の被害者が請求できる損害

一般に,交通事故により傷害を負った場合に請求できる損害賠償は,大きく①積極的損害,②消極的損害,③慰謝料に分けられます。

①積極的損害とは,被害者が自己にあったために出費を余儀なくされた費用をいいます。ケガの治療費や入院雑費,交通費,また入院の付き添い看護費などもこれに含まれます。

②消極的損害とは,被害者が自己に合わなければ得られたはずの利益が得られなかったことをいいます。ケガをして休業したことにより得られなかった収入(休業損害)や,後遺症により労働能力を喪失したために将来得られたであろう収入を得られなくなったことによる損害(後遺症逸失利益)がこれに当たります。③傷害を負った場合に請求できる慰謝料は,傷害慰謝料と,後遺症が残ったときには後遺症慰謝料です。

 

●実際の請求・解決方法

交通事故が発端となって生じた問題を解決するには,様々な方法があります。当事者同士の話し合いから,保険会社との交渉,調停,訴訟などです。

当事者同士の話し合いで全てが解決すればよいのですが,なかなかそれは難しいでしょう。また,現在は多くの人が保険に入っていますから,保険会社が出てくることがほとんどです。保険会社は,交通事故に関する様々な知識・ノウハウを持っていますから,手続きを進めていくという意味ではスムーズです。しかし,お金を払う立場として,保険会社に有利な方向に話を持って行きがちです。ときには,相手の無知をいいことに,不合理な条件や,非常に低い金額を提示してくることもあります。しかし,事故により身体的にも精神的にも傷を負った被害者がこのような提案をのまなければならない理由はありません。かかった費用,失ったもの,得られるはずであったもの,心の傷を埋めるためのもの,これらすべて相応の分を受け取らなければいけません。

 

●弁護士に依頼するメリット

そこでお手伝いできるのが弁護士です。弁護士は,法律の専門家として交通事故に関する知識・ノウハウを備えています。保険会社の不当な主張を指摘し,被害者の権利の適正な行使に努めます。ここでいう「不当」「適正」の基準も,弁護士が入るのと入らないのとで異なります。実は,事故による損害の基準には,自賠責基準,任意保険基準,裁判所基準などがあり,一般的には裁判所基準が一番高額と考えられています。弁護士が入れば,その裁判所基準により認定される可能性が高くなります。

また,保険会社との交渉は弁護士が請け負いますから,被害者やご家族は面倒くさいことに煩わされることはなくなります。さらに,調停や訴訟になった場合,弁護士がご本人に代わって裁判所へ行きますから,ご本人は訴訟手続きのために時間を割く必要がなくなります。

最近では,任意保険の中に「弁護士費用特約」というものがあり,弁護士費用を保険でまかなえる場合が増えています。一度ご自分の保険を確認されることをお勧めします。

心と体,双方の負担が増す前に,一度御相談下さい。

 

 

お問い合わせはこちら