私選刑事弁護について

2018-04-13

当事務所では私選刑事弁護事件について積極的にお受けさせていただいてます。
99.9という刑事弁護専門弁護士が無罪を追求するドラマが人気だそうで、遅ればせながらシーズン1からTBSオンデマンドで見ているのですが、面白いですね。
面白いですが、現実に弁護士が扱う事件のほとんどは被告人が認めている事件です。

被告人が認めている事件で私選弁護人を選任するメリットがあるのか。
私はあると思っています。
最近裁判所は被告人の更生を重視した判決を出しているように感じます。
認めている事件でも認めた上で今後どうするのか、というのは大きな違いを産みます。
今後このようにしていくから更生できる、というストーリーを裁判官に納得させることが必要だと思います。
本当に反省しているということを認めてもらうためには本当の自分と向き合っているということが必要だと思います。
依頼者の方とときには何時間もお話しさせていただいたこともありますが、結果的には本当の自分を認めた上でこのようにちゃんとしていく、と主張した方が寛大な判決を得ることができたと思います。
ちゃんとしていくというのは、精神論ではダメで本人の素質や犯罪の種別に応じた方法論というのはあります。関係団体や専門家と連携してやっていくこともあります。

私選弁護人を選任するメリットは自分にあった弁護人を選べるところだと思います。
国選であっても依頼者のために最善を尽くすのは当たり前のことですが、私選であれば私ならこのような方針で行く、ということを納得していただいた上で選任していただくことができます。

ご家族が突然逮捕されてしまって困っている、というような場合、早急に接見に行くことが必要です。
是非ご相談ください。